モンテローザの次世代店舗のコンセプトとは?


居酒屋を経営する各外食会社は、
生き残りを掛けるべくあの手この手を使って、
他社にはない独創性豊かな店舗づくりに励んでいます。
いわゆる、“次世代店舗”と呼ばれる居酒屋の創設です。
その中で毎回ユニークなコンセプトを提示している、
人気居酒屋:モンテローザの次世代店舗のコンセプトを
紹介していきたいと思います。

現在、モンテローザには次世代店舗と呼ばれている店舗が3店舗有り、
「魚民・笑笑・白木屋」です。
ほとんどの人が一度は名前の聞いたことある居酒屋だと思いますが、
一体この3店舗のどこが“次世代”なのか、その中身はこちらとなっています。

モンテローザが捉える次世代の居酒屋のコンセプト
①:魚民
コンセプト→洗練されたジャパニーズモダン
店内は現代の日本人にマッチした作りとなっており、
白木を基調とした洗練された明るさが特徴です。

②:笑笑
コンセプト→温もりのある古民家デザイン
昔からなじみのあった古民家を、そっくりそのまま現代に再現しました。
開放的な店内にもかかわらず、敢えて古民家本来の機能を再現しました。
それだけにとどまらず、インテリアは現代調のものとなっており、
誰もがゆっくりとくつろげる落ち着いた空間が特徴です。

③白木屋
コンセプト→日本らしさと斬新なデザイン
日本らしさを象徴するイメージを、
斬新なアイディアでカジュアルなインテリアデザインを取り入れました。
店内は開放的かつ清潔感が溢れた空間となっており、
誰もが気軽に楽しめる空間となっています。

いかがでしたでしょうか?
今回紹介したモンテローザの次世代店舗のコンセプトについて、
少しでもご理解頂けると嬉しいです。